次回公演【雪女ー密室の行軍ー】チケット発売中

本作品が第22回 劇作家協会新人戯曲賞一次選考を通過!!

一次選考は応募総数243本のうち、28本が通過しました。

http://www.jpwa.org/main/drama-award/prize

 

 

鬼の居ぬ間に

六、「雪女―密室の行軍―」

 

SPACE梟門

 

2016年

 

12/14(水) 19:30

12/15(木) 14:00 / 19:30

12/16(金) 19:30

12/17(土) 14:00 / 19:00

12/18(日) 14:00 / 19:00

12/19(月) 15:00

※受付開始・開場は開演の30分前

 

料金

 前売 3200円  当日 3500円

※10/31発売開始

※チケット予約フォーム

 https://www.quartet-online.net/ticket/yukionna

 

作・演出

望月清一郎

 

出演

諫山 幸治(ブラジル)

宇都宮 快斗

金崎 敬江(miel)

北川 義彦(十七戦地)

佐藤 大地

島田 雅之(DART'S/かはづ書屋)

広野 健至

山川 恭平(Peachboys/3.14ch)

 

吉田 多希(鬼の居ぬ間に)

 

 

 

 

「天は、我々を見放すことは無かった」

 

 

明治三十五年一月二十三日早朝。

 

雪中行軍演習のため、青森第五連隊は北八甲田連峰北麓の田代新湯に向けて出発した。順調だった行軍も、昼過ぎから天候が一転。暴風雪が連隊を襲う。

 

吹雪は一向に治まりを見せず、空腹と寒さに震える隊員。腰よりも高く降り積もった雪を、泳ぐように進む。一人が倒れ、追う様にして、また一

人倒れる。進むことも戻ることも早この雪山では叶わない――。

 

 

 

第三小隊の幸運は、残された我々七人が、雪小屋を発見できたことである。そこで囲炉裏を囲み、救助に望みをかける。 暖を取り、隊員に笑顔が戻ったような気がした。だが――

 

 

何かおかしい。この隊員たちの、異様なまでの笑顔。そして、我々の他に、誰かがいたような――。

 

 

「この事は、誰にも話してはならない――」

 

脳に声がこだまする。そのたびに、親友の保積小隊長が云う。

 

 

 

「心配するな、岩木。我々は、必ず生きて帰る」

 

 

 

冬の八甲田は、私に何を隠しているのだろう

 

 

Corich公演ページ

http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=78707

 

雪女 チラシ表面
雪女 チラシ表面
雪女 チラシ裏面
雪女 チラシ裏面

【募集中】

鬼の居ぬ間にでは、関わっていただけるスタッフの方を募集しています。

①演出助手

②映像スタッフ

③公演当日受付スタッフ

ちょっとでもご興味をお持ちいただけたら、

お気軽にご連絡ください!

諸々の情報提供、お問い合わせも承っております。

お近くの劇団員、若しくは下記メールにご連絡いただければ幸いです。

【onino_inu_mani@yahoo.co.jp】

 

--------------------------------------

【劇団員 個人ページ】

 

望月清一郎

https://twitter.com/s_mochiduki

 

吉田多希

http://ameblo.jp/gatya-gatya0626/

 

津金由紀

http://tsure25dure.blog70.fc2.com/